So-net無料ブログ作成
検索選択

【衝撃!!西アフリカで猛威をふるうエボラ熱、日本上陸の可能性は!?】 日本でも、O-157とかあったけど、それをも凌ぐ凶暴さ・・・・・。 [海外]

怖いニュースが入ってきました!



それは、エボラ熱が日本上陸か!?というもの。


最近、西アフリカで猛威を奮っているこのエボラ熱。


どういったモノなのか。

d51b44d001fff48f0f5a91daa6205db5.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/3c/d51b44d001fff48f0f5a91daa6205db5.jpg

このウイルスが最初に発見されたのは1976年のスーダンだったそう。


その後、突発的に10回ほど流行し、感染したときの致死率は50~90%と非常に高いものになっています。


今現在に於いても治療法が確立されていないという恐ろしいウイルスなんですね!


日本でも、O-157とかあったけど、それをも凌ぐ凶暴さ・・・・・。



おそろしや~~。


しかし、今回の西アフリカの流行が起きるまでの死者数は1500人強で、

マラリアなどの感染症と比べると少ないとの指摘もあるそうな。


どうやら、治療法はなくても感染者の隔離によりウイルスの拡大は防げるそうで、空気感染などはせず、感染し

た人の血液や臓器、排泄物に接触しなければうつらないみたいなんです。


そのため、これまでは短期間で消滅させるコトができていたんですが・・・・。



だが今回はちょっと事情が違うみたい・・・・。



どうやら都市部で発生したらしく、全ての患者を特定できていないとみられていて、

なんと、あの「国境なき医師団」などの医療チームにも感染者がでているという、リアルパンデミック状態に!!



うーん・・・。


偉い人は何て言ってるんでろう?


外務省医務官の経験のある関西福祉大学の勝田吉彰教授は、

「世界保健機関(WHO)の統計によると、今年2月以降に1000人以上が感染、うち660人が死亡(7月20日現在)したとみられます。

エボラ出血熱は過去何回か流行していますが、今回の西アフリカ3か国(ギニア、リベリア、シエラレオネ)のケースは感染者、死者ともに過去最大級。

これまでの発生は山奥だったが、今回は首都という人口密集地も含むエリアで流行したことが大きな違い。人の動きが多く、感染拡大を防ぐ囲い込みが難しい」


と、話しています。


さらに、

「ただしエボラ出血熱はほかの人に感染する前に死に至るケースが多く、的確に隔離されれば拡大しにくいとも

いわれ、海を越えて日本にまで来る可能性は低いとみられます。」


とも話していたので、やはり肝は「隔離」するということでしょうね。


・・・・東京で起きたらとんでもないことになるな・・・・・・。


DVC00125.jpg

http://blog-imgs-42.fc2.com/k/a/j/kajipop/DVC00125.jpg
                                          では!


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。